好きな事に対して出来ない理由を並べ始めたら一度振り返ってみてほしい

スポンサーリンク

こんにちは、ふと気付いたら一ヶ月以上もブログを更新していなかった若居キツネです。

いや〜、時が経つのはあっという間ですね〜。そろそろ記事を書こうかなーなんて思ったら前記事から一ヶ月も経っていたなんて。ビックリ! それだけ仕事を頑張っていたってことですね。良し良し。

いや、すいません実は気付いていました。せっかく読者になってくださった皆様、申し訳ありません。

「おい!早くキツネを出せ!」「Twitterやってないで記事を書け!」と、怒り心頭な皆様に少しでも納得してもらうため、理由をまとめましたのでご説明させていただきます。

時間がない

僕は先々月に仕事を始めました。そろそろ業務にも慣れ始めてくる頃というのもあり、上司に成果を期待されます。また、足りない知識を付けるために資格の勉強もしています。そのため、土日は学ぶための時間とYoutubeを見る時間に支配され、自由時間が削られていきます。

更に、僕は3ヶ月前にとある団体を立ち上げました。学生向けの団体で、8月に一度イベントも開きました。配布資料・講義スライドの作成にとどまらず、組織全体のマニュアルなども作りました。自ら首を締めにいくスタイル。

クオリティを落としてしまう事への恐怖

僕はありがたいことに前記事までたくさんの「はてブ」を貰っていました。もちろん、有名な人に比べたら非常に少なくそこまで意味のない数字かもしれません。しかし、僕にとっては大きな力になっていたのです。そして同時に、プレッシャーにもなっていました。

はてブが多く付く記事を書くと読者数が伸びました。読者が増えるのは嬉しい限りですが、その時読者になってくれた方達は「その時の記事のクオリティ」を求めています。そのため、常に前回の記事を超えていかなければ見放されてしまいます。

「なんだ、コイツはこの程度か」と。

そんな事を考えると夜も眠れず、ついついYoutubeを見てしまいます。

結果、睡眠が足りず仕事の効率が悪くなり、時間を失ってしまいます。

ネタがない

ブログに書くネタが無いんです。全然思いつきません。

皆さんはどのようにして見つけているのでしょうか?

ブログのネタが多い人には二つの特徴があります。

それは、「アンテナが広い」事と「書ける記事のバラエティーに富んでいる」事です。

f:id:wakax2:20170910233108p:plain

「アンテナが広い」だけではダメ。「書ける記事のバラエティーに富んでいる」だけでもダメ。どちらも兼ね備えた人を目指すべきです。

僕は記事を書く際のカテゴリは気にしていませんので、アンテナが狭い事が原因だと考えられます。そのため、日々Youtubeを見て自分の世界を広げていますが、まだまだ不十分です。

はい、これら3つの理由からブログの更新ができていませんでした。納得していただけたでしょうか?

時間不足、他者からの期待によるプレッシャー、ネタが無い。このトリプルコンボです。

もしかしたら「あるある〜、私もそうなんだよ〜」と感じている方もいるかと思います。

「時間が無いから」

「良い作品が作れないから」

「ネタがないから」

はい、全部嘘です。

時間が無いのは自分のせいだし記事のクオリティは気にしないしネタは108個あります。首締める事なんてしてません。

記事のクオリティとネタについてはそれぞれの「ブログをやる目的」で大きく変わってくると思いますが、僕の目的はプロフィールにあるとおり「仲間が欲しい」なので特に縛りはありません。

PV数があまり指標にならないため、「Twitterで会話する」「オフ会に誘われる」「コラボ企画に誘われる」などが指標になりつつあります。

PV数が伸びると「おぉ〜!」という感じですが、企画などに誘われた日には「オッホォォォ!!!」と歓喜し小躍りしてしまいます。

f:id:wakax2:20170911000927g:plain

「時間」「評価」「ネタ」

これらを気にする人はもったいないなーと思う事があります。

時間は自分で作るものです。

どんな事でも評価をもらいながら作り続けて品質を上げていくんです。

ネタが無いのは自分は出来ないと思い込んでいるだけなんです。

自分が変わればいいのですよ。

自分の目的に合わせて。

スポンサーリンク